深夜食堂 レビュー

今日は大好きなドラマ

 

深夜食堂について書きたいと思います!

 

原作は安倍夜郎さんの漫画

ビッグコミックオリジナル』で連載されています。

もちろん漫画も面白いのですが

今回はドラマについて

 

舞台は、新宿マスター1人で切り盛りする小さなめしやで、深夜0時から朝の7時頃までの深夜にしか営業しないことから、常連客からは「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食、ビール焼酎しかないが、マスターができるものなら言えば何でも作ってくれるという方針でやってます。

 

まずなんといっても

小林薫さん演じるめしやのマスター

なんといってもマスターなんだよこのドラマはw

 

本名、素性、経歴、左目に切り傷の跡の理由すら

一切明かされていません

でもそんなことはいいんです

どうでもいいんです

 

人柄の良さや、注文を受けた時の

「あいよ」という渋い掛け声

思わず真似してしまいますw

 

いろんな悩める登場人物がいて

その悩みをぼろっとよく相談されているのですが

すべてを解決するようなアドバイスではなく

そっと背中を押してくれているような

自分で走り出す勇気を与えてくれる一言が

ほんとにかっこいいのです

 

そんな男気あふれるマスターに同性ながら

惚れましたw

 

そして欠かせないのは

サブタイトルとなっている料理の数々です。

大衆のめしやですから

高級料理に出てくるような気取ったものではなく

どこの家庭でも普通に作られてる様なものが多いのですが

 

これがまた美味そうなんだw

 

フライパンに油をひいて

具材を炒めるあのジャーっという音

そしてその見せ方 映像がほんとうにキレイで

見てると思わず腹が鳴ってしまいますw

 

赤いウインナーをタコさんにして炒めるのをみてしまったら

やらないわけにはいかないじゃないか!

見終わったとたんおもむろに冷蔵庫を開け

ウインナーを取り出し、当然のごとく

切り込みを入れ炒め始めました。

 

そしたらなんということでしょう!

ほんとにタコさんの足のように開いたよ

初めてやったけど、キレイにいくもんだなぁ

それをつまみに竜ちゃんばりにビールと一緒にいただきましたよ

 

ウマすぎる・・・

 

みんなウインナーはタコさんにすべきだよw

 

にしてもこれ深夜に放送されてるけど

ダイエットとかしてる人とか

夜中に食べないようにしてるひとからしたら

酷だよなぁ

絶対食べたくなるもの。

 

それからサブタイトルの料理と共に

各登場人物のその料理に対しての

思い出、エピソードがあり、

マスターとお客さんたちの交流が描かれています

 

必ずハッピーエンドになるわけでもなく

どちらかというと悲しいエピソードが多いですが

みんな必死に生きていて、その様々な人間ドラマが

本当に魅力的でいつまでも続いてほしいなぁと願います

 

今ちょうど 映画『続・深夜食堂』が、2016年11月5日に公開されたばかり

そして第4シリーズである

Netflixオリジナルドラマ『深夜食堂-Tokyo Stories-

配信中です。

 

映画もし見れたらまた書きたいと思います

 

みなさんも是非見てみてくださいね!

 

 

ぐらたん